2010年9月アーカイブ

ステージからのview.JPG

セラピストになる前は 前編からお読みください。

会社を辞めて探した職は、イルカの調教師。OL時代に行った水族館のイルカ、御蔵島のイルカがどうしても忘れられませんでした。でもね・・・、調教師って。

その頃はパソコンも手元になく、ネットcafeで職を探す日々。

イルカの画像に引き込まれネットサーフィン。で、行き着いたサイトが小笠原チャンネル。そこに光る「求人情報」の文字を見てメモしてその日に電話をしていました。

特に難しい質問もなく「では4月から来てください。」と言われ・・・。あれ?ってことは小笠原に移住ってこと!?と自然の流れに任せて小笠原諸島父島に移住しました。

これで念願の・・・。と思っていたら。そこで待っていたのは・・・・・・・・・・

 

毎日、朝から夜まで怒鳴られ続ける職場(笑)。最短3日で逃げ出す人もいるという職場でした。この経験は後でいい肥やしになるのですが、威圧する人って不安ばかり抱えていることをよ~~く勉強させていただきました。

辛いというより、きれいな自然&おもしろい友人がいたおかげで、この職場環境は「ま、いっか。」ということになり、そのまま2年を父島で過ごしました。イルカが身近な生活は天国のようでした。

 

島を出るきっかけは「もっと広いものを見たい。」と思ったから。そうだ、外国に行ってみよう!

後編に続く。

相良.JPG

子供の頃の夢はエンジニアでした。「私が大人になる頃、自動車はきっと宙を浮いている!」そう信じて疑わない日々。

中学を卒業してそのまま工業高等専門学校へ入学。入学時はバブル時代。当時の在学生から聞いた「求人は40社。」という言葉に浮かれて、宝くじに当たるくらいの確立の学校を受けて、宝くじに当たりました(笑)。

4年生のときにバブル崩壊。就職超氷河期の時代に「やっている仕事が派手」という理由で小糸工業に入社。派手な仕事というのは、東京ドームやレインボーブリッジなどの照明器具。6年の在籍中に大きなお仕事もやらせていただき、なんとなく夢が叶ったような気がして退社。

 

仕事はとても楽しいものでした。充実と満足感に満たされて、でも何かが物足りなくなってしまったような感覚でした。

人から見れば「なんでやめるの?」というくらい、仕事も遊びも全て充実。それでも飛び出したくなることが人生にはあります。

 

もっと何かできるのではないか?もっと人のためにできるのではないか?こんなもんで終わってしまっていいのか?

サラリーマンを脱出したのはこんな理由だったのかな?と今となっては思います。

 

人生はいつでも変化できる。

学校や就職先で人生なんか決まらない!

 

で、しばらく放浪の旅で出ることになりました。

中編に続く。

すわいしょう2.JPG

ぶんっ!

すわいしょう1.JPG

ぶんっ!

右、左と身体の芯を回して腕は自然についてくる、という感覚で。

脊柱起立筋.jpg

背骨の周りががちがちになると・・・

肩こり、腰痛、頭痛、消化不良、不眠などさまざまな問題が出てきます。

時間があるときにぶんぶん振り回してください。

目安:1日左右合わせて60回

IMG_5133.JPG

手の平を耳に乗せて、ゆっくりと重力にまかせて伸ばしてください。

左右ゆっくり5回ずつ。

胸鎖乳突筋.JPG

参考までに、この筋肉の血流を良くします。

息を吐きながらゆっくりと行ってください。

秋の空.JPG

女心と秋の空。

秋は気圧の変化が激しく、偏頭痛持ちの方には厳しい季節。特に猛暑で自律神経にこたえた今年は、さらにきついハズ。

2010秋の企画

偏頭痛スペシャルコース

偏頭痛のためのスペシャルメニューです。40分4,500円。

 

偏頭痛の原因としてセロトニン説、血管説、神経説などあげられています。どれも特定されておらず、薬を飲んでも効き目がなくなってしまった、という方も少なくありません。

この偏頭痛スペシャルは、リラックスのために優しいロミロミを使います。優しくても効き目がたっぷりなのがロミロミ。

 

秋のスペシャルメニューです。偏頭痛、もう薬を飲んでもどうにもならないわ、という方、ご連絡ください。

の前に、自宅でできるストレッチ、偏頭痛対策スワイショウをご覧ください。