2010年11月アーカイブ

IMG_5120.JPGIMG_5119.JPGIMG_5118.JPG

肩も首も痛いし、疲れも取れないし気分もふさぎこんでくる・・・。

そんなときのストレッチです。

1.横向きに寝て、首が痛くないように枕で頭を支えます。

2.横になったときの下の脚はまっすぐ、上の脚は写真のように曲げて、クッションの上に膝を乗せてください。(身体がつらくなければ、クッションはなくても問題ありません。)

3.上になった方の腕をぐるっと1周、ゆっくり回してください。回すときは力を入れずに腕の重みまかせてください。

4.気持ちよく伸びているな~と感じた場所は、腕をその場所にしばらく置いてください。(1番上の写真のポジションが気持ちいいと思います。)

5.気持ちいいので、気持ちいいだけやってください。

6.反対側も同じように

猫背気味の生活をしていると伸びない場所がす~~っと伸びて肩もすっきりします。

letter.JPG

クリスマスだから、

いつも忙しいお母さんに「ゆっくりできる時間」をプレゼントを、

自分へのご褒美に「ゆっくりできる時間」を、

12月1日~12月25日限定  120分コース  12,000円

 

この場をお借りして報告をさせていただきますが、中村朗子は篠崎朗子に変身しました(笑)今まで好き勝手に生きてきた私が、家庭というものを持って思ったことがたくさんあります。

お母さんは大変!

朝起きてお弁当に朝食の準備、お掃除にお洗濯、忙しく働いて帰ってきたら夕飯の準備、片付け・・・ほっとする時間と寝る時間はさほど変わらず、また起きたら朝。

あるお客様が「この時間もやっと作れたのよ。」とおっしゃっているのを聞いて、今までは漠然と大変だなぁと思っていたこと、それを身をもって感じました。

お母さんにとって貴重なお時間だからこそ、これからも心を込めてロミロミをしていきたいと改めて強く想いました。

お母さんにも贅沢な休息を。

12月1日~12月25日限定  120分コース  12,000円

120分だとここまでできます!

・コリが相当ひどい方でもゆっくりと痛みなく時間をかけてほぐしていくことができます。

・背中、腕、脚、お腹、首、顔、頭まで、究極のリラックスを体感できます。

たまには全てを忘れてゆっくりしてみませんか?

定休日:日曜日

営業時間:10:00~20:00(最終受付は19:00)

tel:0548-52-6136

メール:info@kailua-japan.net

〒421-0523 静岡県牧之原市波津1590-1


大きな地図で見る

昔むかし、捕らえた犯人を自白させるために、容疑者に与える食事の塩を少なくしていき、やる気をなくさせて自白させていた、という歴史があります。

塩を減らすと、体温が下がって免疫力が落ち代謝が下がり、神経伝達がうまく行かずに精神状態が不安定になったり自律神経失調症になったりします。

塩分は摂りすぎても、摂らなさすぎてもいけません。いい塩を使って、ほどよい塩分を摂りましょう。

 

 同じ「塩分」でも、味の素などの化学調味料は身体を疲れさせます。日本人には味噌や梅干などが合っています。しかし、いくら質の良い塩分だと言っても多すぎず少なすぎずを意識してください。

油には大きくわけて酸化しやすいものとそうでないものがあります。酸化に強い油は、オリーブオイル、ピーナッツ油、なたね油、椿油、ヒマシ油、マカダミアナッツ油、ゴマ油です。手に入りやすく使いやすい油、エキストラバージンのオリーブオイル、いいゴマ油を使うのがおススメです。

油が悪者にされる理由は・・・

過酸化脂質(酸化しすぎた油)を多く摂りすぎると、細胞膜を酸化させて細胞の機能を壊していきます。

 

---過酸化脂質の多い食品例---

パイ、デニッシュパン、クロワッサン、ドーナツ、ケーキ、カステラ、ポテトチップス、スナック菓子、フライドチキン、フライドポテト、ドレッシング、焼いてから時間が経った魚、サラダ油で揚げた(炒めた)食品、カツ丼、天丼

 

 アルコールより有害な「トランス脂肪」

 食用油の中でもっとも毒性の強い油脂はマーガリンやショートニングなどの「トランス脂肪」です。自然界に存在しない不自然な油脂なので虫や菌も寄り付かず、2年経ってもカビも生えません。これは「オイルをプラスティック化している」からだそうです。

 

 トクホ認定の「コレステロールを下げる食用油」

 これらの油は脂肪になるのに「時間がかかる」だけで、エネルギーとして消費されなければ体脂肪となります。材料である精製油は栄養や風味を取り除いた「死んだ油」で、実は発がん性物質の疑いもあります。

 

一般的に「身体によい」とされているものが、これほど身体に悪影響を及ぼしていることを知ったときは、正直ショックが大きかったです。今は神経質にならない程度に、日常的に使うものをオリーブオイルにしたり、スナック菓子など食べすぎないようにしています。それだけでお肌の調子が良くなっています(ということは内臓の機能が上がっている、ということ)。

雪だるま.JPG 

冬の寒さはこたえますね。冬だけでなく夏のエアコン、春秋の朝夕などは知らない間に冷えているものです。どの季節も寒いと感じる前に対策をしましょう。

冷えを解消するには、外部から温めることが一番効果的です。食事で温めることもできます。

 

☆デスクワークの方→脚にはひざ掛けを、座りながら足首を回すのも温める効果があります。

☆立ち仕事の方→コンクリートの建物はとくに冷えます。厚手の靴下をはく、仙骨(腰とお尻の間)の部分にカイロを貼っても効果があります。足首を回しても温まります。

 

摂りすぎに注意するもの(体を冷やす&血液どろどろ食材)

・合成甘味料、食品添加物、砂糖、香辛料

・刺激のある飲み物(アルコール・ジュース・インスタントコーヒー)

・スナック菓子、チョコレート、牛乳、アイスクリーム

・白いご飯やパン、うどんなど

・精製油

・タバコ

水を1日2リットルと言われる時代ですが、実際には身体を冷やし、中には体調を悪化させてしまう場合があります。水は喉がかわく寸前くらいに飲み、無理に飲む必要はありません。水を飲むなら、運動後やマッサージの後など体が温まっているときにしましょう。

lomilomi1.JPG

慢性の頭痛・便秘・痛みなどを抱えていらっしゃる方・・・週1~2回程度

慢性疲労・どうもすっきりしない方・・・2週間に1回程度

特に不調はないが一生懸命働いて疲れてしまう方・・・2週間に1回程度

30歳以降の身体メンテナンス・・・月に1回程度

*今までのお客様の経験から算出しております。参考になさってください。

219.JPG

セラピストになる前は 前編

セラピストになる前は 中編 からお読みください。

そうだ、海外へ行こう!

と思い立ち出掛けたのはオーストラリア。ワーキングホリデーを使って、どっぷりと海外を味わってみたいと思いました。不思議なもので、そういう状況は周囲から集まってくるというか、そういう風に段取りされているとしか思えないような状況が整えられていきました。

オーストラリアでは行く先々でいろいろな種類のセラピストさんに逢いました。不思議なものも多かったですが(笑)いろいろ見すぎて、かえって迷ってしまいました・・・。

心配ない、問題ない、なんとかなる、の精神はオーストラリアで鍛え上げられました。ダーウィンで尊敬する気功の先生に出会い、自分の悪循環な思考のスパイラルを指摘され、まだ起きてもいない出来事に対する心配をしない、と心に決めて帰ってきました。これは後にすごい威力を発揮します。

帰国後、すっからかんになったお財布に潤いを、ということで地元で働いていたときのこと。朝から夜までの立ち仕事の疲れをすっかり拭い去ってくれたのがロミロミでした。これがロミロミとの出会いです。

 

それからフミユさんでお世話になり、ハワイ島にお世話になり、現在のスタイルにたどりつきました。

ロミロミだけを愛して浮気もせずにロミロミ一筋で今までやってこれたのも、ロミロミの魅力がそれだけ素晴らしいという一言に尽きるでしょう。