冷えをなくせば不調は減る

雪だるま.JPG 

冬の寒さはこたえますね。冬だけでなく夏のエアコン、春秋の朝夕などは知らない間に冷えているものです。どの季節も寒いと感じる前に対策をしましょう。

冷えを解消するには、外部から温めることが一番効果的です。食事で温めることもできます。

 

☆デスクワークの方→脚にはひざ掛けを、座りながら足首を回すのも温める効果があります。

☆立ち仕事の方→コンクリートの建物はとくに冷えます。厚手の靴下をはく、仙骨(腰とお尻の間)の部分にカイロを貼っても効果があります。足首を回しても温まります。

 

摂りすぎに注意するもの(体を冷やす&血液どろどろ食材)

・合成甘味料、食品添加物、砂糖、香辛料

・刺激のある飲み物(アルコール・ジュース・インスタントコーヒー)

・スナック菓子、チョコレート、牛乳、アイスクリーム

・白いご飯やパン、うどんなど

・精製油

・タバコ

水を1日2リットルと言われる時代ですが、実際には身体を冷やし、中には体調を悪化させてしまう場合があります。水は喉がかわく寸前くらいに飲み、無理に飲む必要はありません。水を飲むなら、運動後やマッサージの後など体が温まっているときにしましょう。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://kailua-japan.net/nak/mt-tb.cgi/155

コメントする