ストレスと自律神経

ストレス.jpg

私たちは骨や筋肉を自分の意思で動かすことはできますが、胃や腸などは自分の意思で動かすことができません。自律神経とはこれらの内臓を身体の調子に合わせて動かす命令を出したり、体温を調整する命令を出したりする神経のことです。

自律神経には活動のための神経(交感神経)とリラックスのための神経(副交感神経)があり、内臓の動きを活発にしたり休ませたりすることで、身体のバランスを整えてくれています。

交感神経ばかりが働くと心拍数が上がって血管年齢が高くなって血栓ができやすくなったり、不眠、消化不良、不妊まで引き起こす場合もあります。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://kailua-japan.net/nak/mt-tb.cgi/145

コメントする